創業者の想い 〜SHOKO OGINO〜

全ての人を「ととのえたい」。
totonoelボディーセラピーを世界へ。

アロマのリフレクソロジーから始まり、ゾーンセラピー、リンパトリートメントを軸に、東洋医学、理学療法士や治療家の技術、筋膜リリース、ストレッチ、呼吸と、身体と心を整えることへの想いから、オリジナルのtotonoel ボディーセラピーノウハウを構築。多角的な要素の取捨選択の全ては「ととのえる」ことに繋がっているのです。

ボディーセラピー講師として活動を世界へ。場所を超えてセラピストの輪を!40歳手前から脱サラセラピストの道を選び、自分の今後のさらなる夢があります。何歳からでも、何歳になっても・・・夢と共に生きていく。みんなで夢やワクワクを語り、追いかけ、叶うよう一歩一歩進んでいく。そんなスクール&サロンを世界に届け終わるまで、私たちの航海は終わらないでしょう。

実績&経歴

2013年にセラピストになって以来、1000人以上のお客様のトリートメントに関わらせていただき、アスリート、芸能関係者、経営者のトリートメントにも携わる。男性経営者、起業家のお客様も多いのも特徴。

Shoko Ogino(荻野正子)/自由が丘

4年の留学を経て、外資系企業の会社員として長年勤める。
母の突然の病や、自分自身も定期検診で子宮癌と引っかかったことがきっかけで、身体のことを学びたい!と、セラピストの道へ。
某リンパトリートメントの協会の立ち上げに携わり、理事としても務める。

PAGE TOP